• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

お薦めトピック

厚労大臣最優秀賞は、竹富島が進める予防医学

「第6回健康寿命をのばそう!アワード」開催

2017/11/17 08:00
伊藤 瑳恵=日経デジタルヘルス
 厚生労働省が推進する「スマート・ライフ・プロジェクト」の一環である「第6回健康寿命をのばそう!アワード」表彰式が2017年11月13日に開催された。スマート・ライフ・プロジェクトは、国民全体が人生の最後まで元気に健康で楽しく過ごすことを目指した国民運動である。応募総数70の企業や団体、自治体から、竹富診療所の取り組みが厚生労働大臣 最優秀賞に選ばれた。

厚生労働大臣の加藤勝信氏
クリックすると拡大した画像が開きます
 表彰式に登壇した厚生労働大臣の加藤勝信氏は、「安倍内閣は、人生100年時代の構想を描いている。その基盤となるのは、まさに健康だ」と述べた。健康寿命を延ばし、平均寿命との差を縮めるためにも、「日頃から国民一人ひとりが自らの健康に強い関心を持って予防や健康づくりに取り組んでいくことが重要」と呼びかけた。

 自身も10階にある執務室まで階段を利用しているといい、「健康意識を持てば、時間がない中でも工夫を施すことはできる」と話した。今回受賞した企業や団体、自治体は優れた取り組みをしていると強調し、「こうした取り組みが広く社会に広がっていけば」とした。

表彰式の様子
クリックすると拡大した画像が開きます

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング