デジタルヘルス事例

「AIとブロックチェーンで医療に衝撃を」

「問診ボット」「次世代カルテ」「AIクリニック」を手掛けるNAMが創業

大下 淳一=日経デジタルヘルス

  • 2017/11/29 11:00
  • 1/3ページ
  • B!
  • G+

 「最先端の技術で医療に衝撃を」――。そんなミッションを掲げ、人工知能(AI)やブロックチェーンの医療応用を目指すベンチャー企業、NAMが2017年10月に事業を開始した。「AIを利用した問診ボット」「機械学習を利用した疾患予測モデル」「深層学習とブロックチェーンを使った次世代カルテシステム」などのサービスを、2018年初頭から矢継ぎ早に投入。医療AIサービスを提供するクリニックも立ち上げる。

 NAMは2017年11月28日に東京都内で記者発表会を開催。独自の仮想通貨「NAMコイン」を使ったICO(イニシャル・コイン・オファリング:仮想通貨技術を使った資金調達)を同年12月24日から実施し、100億円の調達を目指すと発表した。調達した資金は、医療AIサービスの研究開発に充てる。

NAM代表取締役社長の中野哲平氏
[画像タップで拡大表示]

  • B!
  • G+