• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
特集

「5つの雑草対策を組みわせる」、緑地雑草科学研究所・理事に聞く(後半)(page 2)

メガソーラービジネス・インタビュー

2016/07/28 00:00
金子憲治=日経BPクリーンテック研究所
印刷用ページ

ヤギ・ヒツジの食べない草も多い

――ヤギやヒツジなどをサイト内に放して草を食べさせる「家畜除草」の試みもあります。

伊藤(幹) 家畜による除草は、生えた雑草を除く、機械除草の代替と言えます。ただ、家畜動物は、雑草のすべてを食べるわけではありません。クズはよく食べますが、セイタカアワダチソウやヨモギ、ギシギシは食べません。繁殖力の強い問題雑草を好まない傾向があります。

――周辺環境に配慮して、「除草剤を使いたくない」というメガソーラー事業者が目立ちます。

緑地雑草科学研究所の伊藤幹二・理事(マイクロフォレスト リサーチ代表)(出所:日経BP)

伊藤(幹) 化学薬剤にもさまざまなものがあり、専門的な知識に基づいて使用すれば問題ありません。むしろ、機械による除草は、花粉や種子が飛散するなど、周辺環境への負荷を高める恐れもありますし、刈り取った草がごみになります。化学薬剤を適切に活用することなどで、雑草の発生そのものを抑えていくことが好ましいと考えています。

 新たに土地を造成して開発した場合、当初の設計段階に雑草対策を組み込み、適切な薬剤などで、土壌中の雑草バイオマスをクリーンナップしておけば、5年程度は、雑草の発生をかなり抑えられます。

 こうした話をすると、では「良い除草剤を教えてください」と、聞きたがる人が多いのですが、これまで説明したように事前に調査したうえで、雑草対策を構築していく中で、適切な薬剤を決めていく必要があります。

  • 記事ランキング