今回のシリーズでは、エネテク(愛知県小牧市)が、太陽光発電所の点検やO&M(運用・保守)サービスを担う中で対応してきたトラブル事例を紹介している。同社は、2007年に設立された電気設備工事会社で、太陽光発電の施工も多く担当してきた。O&Mサービスでは、点検時に原因分析だけでなく、状況によっては、その場で不具合の原因を解消するといったワンストップの対応が特徴となっている(関連コラム)。

 今回は、接続箱に関する施工が不適切だったために起きたトラブルを取り上げる。端子の錆びや部分的な焼損のほか、接続箱から周辺の電線まで広範囲に焼けた事例まである。

 まず、接続箱の端子が焼損していた例を紹介する(図1)。

図1●P極端子やその周辺が焦げていた例
N極端子の左に見える細長い線がボンド線(出所:エネテク)
[画像のクリックで拡大表示]

 エネテクに点検の依頼があり、その太陽光発電所に向かい、発電設備を調べると、接続箱の端子が焦げていた。隣接しているP極とN極の端子のうち、とくにP極側の端子や周辺の焦げが酷い状況だった。

 こうした焼損は、太陽光発電所で比較的、多く目にするという。何らかの原因で、PN両極の端子に同時に接触しているものがあると、そこで短絡(ショート)して火花(アーク)が発生することで焦げる。

 今回の太陽光発電所の場合、接続箱内に、アークによって損傷したとみられるボンド線(アース線)が、焦げた端子の近くに残っていた。

 このことから、このボンド線がPN両極の端子に接触していたために、短絡してアークが発生し、端子が焼損したと推察された。

 発見時の状況から、このボンド線は、実際にアース線として使ったものではなく、施工時に余り、接続箱内から取り除くはずのものが、誤って残っていたようだ。

 エネテクによる調査でこの状況を発見した時にも、発電を続けており、危険な状態だったという。接続箱に入力されるのは直流の電気で、交流の場合とは異なり、一度アークが発生すると、なかなか火花が消えない。

 最悪の場合、火花が接続箱全体に燃え移って、火災にまで至る恐れさえある。単純な施工ミスだが、大きな事故につながりかねず、十分に留意してほしいとしている。