長崎県の五島列島の福江島において、太陽光パネルの容量が約5.3MW、連系出力が約5MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「荒神岳太陽光発電所」が、2018年3月に稼働を開始した(図1)。多摩川ホールディングスグループが開発・運営している。

図1●特別高圧送電線に連系
太陽光パネル出力は約5.3MW、連系出力は約5MW(多摩川ホールディングス)
[画像のクリックで拡大表示]

 福江島は、長崎の西方に浮かぶ五島列島で最大の島で、同列島の南西に位置する(図2)。国内有数の美しい海や火山、遣唐使関連や城跡などの史跡、江戸時代末期以降のキリシタンの移住や弾圧などを経ながら建てられた教会など、キリスト教関連施設などで知られる。南から北へ黒潮が流れる東シナ海に接し、魚介にも恵まれる。これらを目当てに、観光客も多い。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
図2●五島列島で最も大きい福江島
島の中心部付近の空撮(上)、国内有数の美しさを誇る高浜海岸(中)、東シナ海を望む大瀬崎灯台(左下)、周囲に小さな島も多い(右下)(出所:五島市、右下は日経BP)

 五島列島や長崎のキリスト教関連遺産については、現在、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産への登録を目指している。7月に登録される見通しとなっている。

 太陽光や風力、海流に恵まれていることから、再生可能エネルギー発電の適地も多い。福江島にも、太陽光や陸上の小型風力発電が島内のあちこちに導入されている(図3)。このほか、沖合いでは戸田建設による浮体式の洋上発電設備が稼働しており(関連ニュース)、潮流発電の導入も検討されている。

[画像のクリックで拡大表示]
図3●再エネ発電に向く
太陽光発電(左上)や小型風力発電(右上)などが多い。戸田建設が運営している浮体式の洋上風力発電設備も見える(下)。電気自動車も多く走り、充電ステーションが配備されている(出所:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]

 レンタカーなどで電気自動車(EV)が積極的に導入され、充電ステーションが多く配備されている。将来、こうした充電ステーションの電力を再エネで賄えば、EVを再エネの出力変動の吸収などに使うなど、より相乗効果を発揮できるようになりそうだ。

 また、離島は一般的に送電網の規模が小さく、出力規模の大きなメガソーラーを連系すると、需給バランスの維持や周波数の変動が課題になりやすい。その点、五島列島は九州本土の電力系統と海底ケーブルでつながっており、福江島には特別高圧送電線が敷設されている。

 しかも、今回のメガソーラーの敷地内にその鉄塔が建っている(図4)。連系には恵まれている環境にあった。

図4●特別高圧送電線の鉄塔が敷地内に立つ
連系には恵まれている環境(出所:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]

 一方で、同じ五島列島でも、最北に位置する宇久島で計画されている合計出力約480MWの営農型の太陽光発電プロジェクト(関連ニュース)の場合、宇久島には特別高圧送電線が敷設されていない。そこで、佐世保まで新たに海底ケーブルで特別高圧送電線を新設する計画となっている。同じ五島列島でも、連系の条件は大きく異なる。