宮崎県の北部、延岡市北方町に「速日の峰(はやひのみね)」と呼ばれる山がある。標高は868mで、大崩(おおくえ)・祖母(そぼ)・傾(かたむき)山系や阿蘇の山々が一望できる。

 山頂の直下には、総合レジャー施設「ETOランド速日の峰」が立地している。この施設内に、太陽光パネルを花のような形に配置したメガソーラー(大規模太陽光発電所)がある(図1)。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
図1●花のような形に太陽光パネルを配置
ETOランド速日の峰のメガソーラー。山頂の直下にあり、展望が良い(出所:上の2枚はウエストホールディングス、下の2枚は日経BP)

 まるで、地面に咲いた花が、太陽に向けて花びらを開いているように配置されている。一般的な地上設置型の太陽光発電所は、太陽光パネルを南向きに10~20度に傾けて、直線的な列に並べている。こうした整然としたパネル配置とは一線を画している。

 こうした地上絵のような配置で、「見る人を楽しませる」ことを狙ったメガソーラーとしては、米国フロリダ州における「ミッキーマウス柄」(関連ニュース1)、中国山西省大同市の「パンダ柄」(関連ニュース2)などがある。

 米国のミッキーマウス柄は地主がウォルト・ディズニー、中国のパンダ柄は発電事業者がパンダ・グリーン・エナジーと、いずれも関係する企業を代表するキャラクターや、社名に由来のある動物を模した。

 ETOランド速日の峰のメガソーラーは、ウエストホールディングスのグループが開発・運営している。

 開発を主導したウエストホールディングスの江頭栄一郎常務によると、「山の上にあるレジャー施設にふさわしい、来場者が見て楽しいと感じる設備にしたかった」という。

 一方で、敷地内にできるだけ間隔をあけずに太陽光パネルを整然と並べている一般的な太陽光発電所に比べると、パネルを並べない場所が多くできる。設置できるパネル枚数は減ることになり、事業面積当たりの設置効率は相対的に低くなる(図2)。

図2●一般的な太陽光発電所に比べてパネル設置枚数は減る
ETOランド速日の峰のメガソーラー(出所:ウエストホールディングス)
[画像のクリックで拡大表示]

 レジャーランド内に立地する以上、「事業性や収益性ばかりを求め、売電量だけを追求する太陽光発電所では面白くない。人が集まる場所に似合う、楽しい発電所にしたいと当初から考えていた。開発を手がけた20番目の太陽光発電所となり、地域に愛されることの工夫を、ここまで前面に打ち出せる案件に出会えたことは、プレゼントのように感じている」(江頭常務)という。

 ウエストグループでは今後、ETOランドのメガソーラーと同じように、集客を意識したレジャーランド型の再生可能エネルギー発電所の開発を計画している。その開発では、ETOランドの発電所の経験が生きるとみている。