握手を交わす永守氏とLe Borgne氏
握手を交わす永守氏とLe Borgne氏
[画像のクリックで拡大表示]
合弁企業の概要
[画像のクリックで拡大表示]

 日本電産の子会社であるフランスNidec Leroy-Somer Holding(日本電産ルロア・ソマーホールディング)社は、フランスPSAグループと電動車両向けトラクションモーター(駆動用モーター)の合弁会社を2018年3~4月に設立する。2017年12月4日開催の取締役会で決議した。日本電産は、電動車両向け駆動用モーターの事業に注力している。今回の合弁企業の設立で、同事業の成長に弾みが付きそうだ(関連記事1関連記事2)。

 合弁会社の設立に伴い、都内で発表会を開催。日本電産 代表取締役会長兼社長の永守重信氏と、PSAグループ Executive Vice President Quality and EngineeringのGilles Le Borgne氏が登壇し、合弁会社の概要などを語った。

 日本電産ルロア・ソマーは日本電産が2017年2月に買収したモーターメーカーで、もともとPSAグループに駆動用モーターを納めてきた。既に「5万台以上のPSAグループの自動車に出荷しており、長い信頼関係がある。合弁会社の設立を契機に、この関係をより親密にし、かつ拡大していく」(永守氏)と語った。日本電産は、電動車両向け駆動用モーターの事業に注力している。今回の合弁企業の設立で、同事業の成長に弾みを付けたい考え。

 設立時の振込資本金は1500万ユーロで、日本電産ルロア・ソマーホールディング社が50%、PSAグループ内のフランス法人であるPSAオートモービルスが50%出資する。従業員数は、設立当初は約60名で、順次増やしていく予定。既にPSA側と2022年に製造する次世代の駆動用モーターの開発に着手しているという。次世代モーターの開発段階では、合弁会社は日本電産の持分法適用会社だが、量産が始まると連結子会社になる予定だという。合弁会社への総投資額は2億2000万ユーロに達する見込みである。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら