三菱マテリアルの子会社が、材料の品質データを偽装していることが2017年11月23日に発覚した。対象は、三菱電線工業(本社東京)のシール材と三菱伸銅(本社東京)の黄銅条および銅条(表)。顧客の規格値、または社内仕様値から逸脱した製品の検査記録データを書き換えるなど、品質データを偽装して顧客に出荷した。

[画像のクリックで拡大表示]
表◎三菱電線工業と三菱伸銅による品質データ偽装の内容

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら