日本ヒューレット・パッカードは2017年11月22日、米Hewlett Packard Enterprise(HPE)社が買収した米Nimble Storage社のストレージ製品群を「HPE Nimble Storage」として発売したことを発表した。同時に、Nimble社の予測分析プラットフォーム「HPE InfoSight」の管理対象に同社の既存フラッシュストレージ装置「HPE 3PAR StoreServ」を追加することも明らかにした(プレスリリース)。

 Nimble Storage社は2008年の創業で、オールフラッシュアレイおよびフラッシュとハードディスクを組み合わせたハイブリッドアレイを開発・販売していた。2017年4月に買収手続きが完了し、HPE社は新しい事業年度の初日である11月1日からNimble Storage社製品の取り扱いを本格化させている。

 今回発売したHPE Nimble Storageの製品ラインアップは、オールフラッシュアレイのAFシリーズ、ハイブリッドアレイのCSシリーズ、それにアーカイブ用のSFシリーズ。最小構成価格(税別)は、AFシリーズ(6Tバイトモデル)が946万200円、CSシリーズ(11Tバイトモデル)が570万8800円、SFシリーズ(21Tバイトモデル)が1447万8300円。いずれもHPE InfoSightによる24時間×週7日サポートおよび翌日部品送付1年間の保守契約を含む。2018年2月からは実際に使用したストレージ容量に応じて課金する料金体系「フレキシブルキャパシティサービス for HPE Nimble Storage」も開始する。

日本ヒューレット・パッカード ハイブリッドIT製品統括本部長の本田昌和氏

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら