米Texas Instruments社は、Ethernet対応のCortex-M4Fマイコン「MSP432E4」を発表した(日本語ニュースリリース)。複数のセンサーをまとめてクラウドに接続するIoTゲートウエーなどに向ける。

 TIは新製品を同社の「SimpleLink」の1つと位置付ける。SimpleLinkは2012年に発表の無線通信マイコンの「CC3000」が第1弾製品で(関連記事1)、IoTなどに向けてユーザーが無線接続を簡単に実現できることを目的にする。その後、対応する無線通信規格を広げることで、SimpleLinkの製品ラインアップ(製品番号はCC3xxx)を増やしてきた(関連記事2)。対応する無線通信規格は異なるものの、SimpleLinkの各マイコンは同じSDKで開発できることが特徴である。このSDKを「SimleLink SDK」と呼ぶ。

SimpleLinkのMCU製品の主な仕様。今回の新製品は左端のMSP432E4。TIの表。
[画像のクリックで拡大表示]

 SimpleLinkを有線通信に広げたのが、今回のMSP432E4である。MSP432E4は無線通信対応のCC3xxx製品と同じく、SimleLink SDKを使っての開発が可能である。MSP432E4は、「MSP432」製品の第2弾。MSP432の第1弾は「MSP432P4」で、同社の低電力マイコン「MSP430」の高性能版汎用マイコンとして2015年にデビューした(関連記事3)。MSP432P4には有線/無線通信機能がないが、SimleLink SDKを使って開発できることから、現在は、SimpleLink製品の仲間になっている。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら