ラピスセミコンダクタは、土壌の肥沃さ、含水率、pH、温度をリアルタイム計測できるセンサーを農業法人や農業システム開発会社向けに開発、2018年1月に販売を始める。920MHz帯の電波を使ってデータを無線送信するシステムも開発中で発売を予定している。

開発品
ヘッドに半導体センサー、本体には信号処理回路を内蔵

ここからは有料会員の登録が必要です。