「営業利益を400億円下方修正する」──。日産自動車が2017年11月8日に開いた2017年度(2018年3月期)の中間決算発表で、同社社長兼最高経営責任者(CEO)の西川廣人氏が同年度通期の見込みについてこう発表した。車両の完成検査の不正(以下、検査不正)とタカタの欠陥エアバッグに対する米国での集団訴訟費用、コスト削減の進捗の遅れなどを織り込んだ。

ここからは有料会員の登録が必要です。