カルソニックカンセイ(本社さいたま市)は、エンジン始動時に触媒をより早く機能(励起)させるステンレス板金製タービンハウジング「CK-SMiTH」を開発、「第45回東京モーターショー2017」(東京ビッグサイト、一般公開:2017年10月28日~11月5日)に出展した(図1)。ステンレス鋼板を使ったもので、ディーゼルエンジンと組み合わせる。既に量産しており、2017年内に市場投入されるディーゼルエンジン車に搭載される計画。量産タイプの板金製ターボハウジングは「世界初」(同社)。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら