アルミニウム(Al)合金や銅(Cu)合金、鉄鋼製品などで品質データの偽装が相次いでいる神戸製鋼所で、今度はグループの従業員が検査データを隠ぺいしていたことが明らかになった。

 同社は2017年10月20日に会見し、Al合金製品やCu合金製品を生産する長府製造所(山口県下関市)において、工場の管理職を含む複数のグループ従業員が、不適合品の品質検査データを隠ぺいしていたと発表した(図1)。同社の管理体制とコンプライアンスの問題が、改めて浮き彫りになった。

図1 会見に出席した副社長の梅原尚人氏(中)と常務執行役員の山本浩司氏(左)、常務執行役員の勝川四志彦氏
[画像のクリックで拡大表示]

 対象となる製品は、2016年9月から17年8月に同製造所で造ったAl合金の押出材である。顧客から指定された基準から寸法が外れていたことを知りながら、その不適合品の検査データを2017年4月からの社内監査や同年9月からの自主点検の際に、担当者が報告せずに発覚を逃れていた。社内の相談窓口への情報提供によって、10月19日に判明した。「不適合品の出荷数量や出荷先数などの詳細は確認中」(同社)とする。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら