今回の新製品(画像:ソニー、以下同)
今回の新製品(画像:ソニー、以下同)
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニーは、ADASや自動ブレーキ、自動運転などで用いるセンシングカメラシステムに向けて、新しいイメージセンサー製品「IMX324」を開発した。サイズは1/1.7型。画素数は約742万画素(水平3849×垂直1929画素)で、車載向けとして「業界最高の画素数」(同社)である。同画素で撮影できるフレーム速度は最大40フレーム/秒。この画素数とフレーム速度で撮影した場合、消費電力はおよそ500m~600mWと低い。この消費電力は「業界最小」(同社)と胸を張る。

 加えて、車載イメージセンサーとして「業界最高」(ソニー)の感度や、「業界初」(同)のセキュリティー機能を搭載する点も訴求する。こうした車載イメージセンサーで求められる一連の機能を高い水準で達成したことから、フロントに搭載するセンシングカメラ向けイメージセンサーのシェアを「すべて取るつもりで販売していきたい」(同)と意気込む。実際、「従来製品に比べて、顧客からの引き合いは強い」(同)と自信を見せる。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら