[画像のクリックで拡大表示]
セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズが日本予選の勝者に
中央がセブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ 代表取締役社長の阪根信一氏。

 「2005年に洗濯物をたたむ作業が大きな手間であることに気づいた。研究者によれば、一生の間に375日以上が、洗濯物をたたんで仕分けてクローゼットにしまう作業に費やされている」。セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ 代表取締役社長の阪根信一氏は、流暢な英語でこう語り始めた。同社が手掛ける洗濯物折り畳み機「ランドロイド」の開発のきっかけになった一件である(関連記事)。

 3分半の持ち時間の間に、同氏は12年かけてようやく製品化にこぎつけたことや、今後は洗濯乾燥機との統合や各部屋のクローゼットへの衣類の仕分けを実現したいこと、既に始まった限定予約は500件以上、売り上げ1000万米ドル相当に達し、2018年末に発売して初年度2500万米ドル、2年目には1億米ドルの売上高を目指すことを語った。2030年の売り上げ目標は20億米ドルといい、同年に「世界一イノベーティブな会社になる」と宣言してプレゼンテーションを終えた。

 同氏がトップバッターを切ったベンチャー企業のピッチコンテスト「Startup World Cup」の日本予選は、70社以上から選ばれた全10社のプレゼンテーションを経て、最後はセブンドリーマーズの勝利で幕を下ろした。審査員から同社を選んだ理由は語られなかったが、参加企業の多くが人工知能(AI)やフィンテックといったトレンドの枠内に収まっていた中で、同社の技術が異彩を放ったことは確かである。当初は2017年度内の予定だった発売を2018年度に延期するなど、ランドロイドは生みの苦しみを味わっている。今回の勝利を市場開拓の弾みにしたいところだ。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら