新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と名古屋大学ナショナルコンポジットセンター(NCC)は2017年10月16日、CFRTP(炭素繊維強化熱可塑性樹脂)を用いた自動車のシャシー部品の製作に成功したと発表した(図1)。

図1 CFRTP製のシャシー
[画像のクリックで拡大表示]

 製作に成功したのは、英Lotus社のスポーツカー「Elise」のアルミニウム(Al)合金製シャシーを、CFRTP製に置き換えたものである。CFRTP製シャシーの質量は40kgで、Al合金製(45kg)より約10%軽い。強度や剛性は、Al合金製シャシーと同程度である。

 製作を主導した名大NCC特任教授の石川隆司氏は、「社名は明かせないが、国内の自動車メーカー1社が既に、製造設備の導入に向けた準備に入っている」と話す。順調にいけば2020年以降に、CFRTP製ボディー骨格部品が実用化される可能性が出てきた。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら