環境分野の技術革新に関する国際会議「ICEF:Innovation for Cool Earth Forum」が、2017年10月4、5日に東京で開催された。日本政府が旗を振って2014年から始めた会議で、日本のお家芸である省エネ技術を世界にアピールする場でもある。

 その中で、今年は「ブロックチェーンを活用した電力取り引き管理」に関する分科会が開かれた。日本は材料や装置技術には強いが、制度やシステム技術では欧米の方が進んでいることも多い。この分科会は、その一つの例となった。

 最初に講演したのは、米国のEnergy Web Foundation(EWF)のAeron Buchanan氏(図1)。EWFは米国のエネルギー調査団体のRocky Mountain InstituteとオーストリアのGrid Singularity社が設立した非営利の研究機関で、現在はエネルギー分野へのブロックチェーンの導入を専門に研究しているとのこと。

図1 米Energy Web Foundation(EWF)のAeron Buchanan氏
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら