ベンチャー企業のスマートショッピングは、残量が少なくなった水や缶ビールなどの食品類を自動で検知しネット通販で注文するIoT機器「スマートマット」を開発していると発表した。同社は2014年創業で、これまでは主に日用品・食品のネット通販の比較サービスをインターネット上で提供してきた。今回発表した製品は、いわばWi-Fi通信機能付きの計量機。飲料水など、載せている商品の残量が少なくなった時点で自動的に追加発注する。現在は試作機でのテストマーケティングが終了したところという。今後最終試作機を作って仕様を固め、2018年半ばの実用化を予定している。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら