自動車の48V化が進んでいる。48V化した車両は、12V出力の電源(電池)に加えて48V出力の電源を搭載する。電源IC市場の需要拡大につながるとみるパワー半導体メーカーが、続々と対応ICを発表している(関連記事1)。ロームは、電源回路の小型化につながる48V対応電源IC(関連記事2)で、車載に加え産業機器の市場も狙う。

既存品を搭載した基板(左)よりも大幅に小型化できる
[画像のクリックで拡大表示]
48V電源を追加した2バッテリーシステム
[画像のクリックで拡大表示]

ここからは有料会員の登録が必要です。