日本IBMは、最新のメインフレームコンピューター「IBM z14」を2017年7月27日に都内で報道機関向けに紹介した。IBM z14は米IBM社が2017年7月17日(米国時間)に発表している(日本語ニュースリリース1)。

「IBM z14」のスケルトンモデル 左右の2筐体(ラック)で1構成となる。日経テクノロジーオンラインが撮影。
[画像のクリックで拡大表示]

 今回の報道機関向け会見に登壇したIBMのRoss A Mauri氏(General Manager, z Systems)によれば、z14は漸進的に進化した製品ではなく、革命的な製品だと胸を張った。同氏によれば、z14の開発には5年間をかけた。また、日本を含めた各国のユーザーの声を聞きながら開発したことで、ユーザーが求めるコンピューターになったこともアピールした。

登壇したRoss A Mauri氏(右端)。日経テクノロジーオンラインが撮影。スクリーンはIBMのスライド。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら