住友ベークライトは、特定波長の光を吸収しつつ近赤外線を透過させるシート材を開発し、「オートモーティブワールド 2018」(2018年1月17~19日、東京ビッグサイト)でデモを披露した。赤外線カメラのフィルターとして使えば、映像の“白飛び”を減らす効果が期待できる。赤外線センサーに使えばノイズを減らして検知性能を高められる。2019年の量産を見込み、納入先の企業にて性能を評価中だ。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら