アニメの「ドラえもん」や「鉄腕アトム」のように、人と対等に話ができるだけでなく、人に寄り添い、本物の友人になり得るような対話ロボットの出現が待ち望まれている。先日、AIスピーカー商戦で激戦となっている音声エージェントを色々と試してみる機会があったが、シナリオをベースにしたフローチャート型のものが多かった。ほとんどの製品はいわゆる雑談の考慮、例えば相手に安心して話してもらえるよう共通の認識を探り、相手の応答によって話題の進行を先導するなど、意図や感情の交錯を盛り込む機能を持ち合わせていない印象を受けた。

ここからは有料会員の登録が必要です。