「おお、丸くなっている」。ホーム画面が表示されたiPhone Xのディスプレーを見て、有機ELの研究者A氏は声を上げた。iPhoneシリーズで初めて有機ELを採用したiPhone X。そのディスプレーの形状は特徴的だ。表示領域を最大限に広げるために、通常のディスプレーにはない、丸く切り取られた部分が目立つ。

 例えば、筐体の丸みに合わせて、ディスプレーの四隅は丸くなっている。そうすることで、筐体のどの部分もギリギリまで表示領域にした。ディスプレー上辺の中央部はU字型の切り欠き部分がある。ここにインカメラや顔認証用の部品を収めつつ、その左右の領域にあえてディスプレーを残して画像を表示できるようにした(図1)。

 iPhone Xの発表時に「10年以上もの間ずっと、全面ディスプレーのiPhoneを作ることを考えていた」(米Apple社 Chief Design OfficerのJonathan Ive氏)と語ったように、Apple社の全面ディスプレーに対する強いこだわりが、iPhone Xのディスプレーの特徴的な形状から見て取れる。

図1 表示領域の最大化にこだわる
iPhone Xでは、筐体の丸い四隅や、インカメラや顔認証向け部品の搭載部分のギリギリまで表示領域を拡大した(a)。インカメラや生体認証センサー顔認証向け部品の周辺まで表示領域とするために、ディスプレーの上辺の一部を切り欠いている。従来のiPhoneでは、筐体の四隅や、インカメラなどが搭載されている筐体の上下部分は非表示領域だった(b)。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら