プログラミングの基本が身に付く

夏休みプログラミング体験教室2017(NECパーソナルコンピュータ、レノボ・ジャパン)

写真は、2016年に世田谷区立松沢小学校で実施された夏休み小学生プログラミング体験教室のもの
[画像のクリックで拡大表示]

 「夏休みプログラミング体験教室2017」は、NECパーソナルコンピュータ(NECPC)とレノボ・ジャパンが、創造的な学びの場を産官学連携で提供するNPO法人CANVASと共同で開催する夏休み特別ワークショップ。ステージごとのミッションをクリアしながら、プログラミングの基本的な考え方が身に付く「Hour of Code」を中心に体験できる。会場は、秋葉原の「DMM.make AKIBA」。開催日は8月5日。対象は小学生および保護者(1組あたり保護者は1名まで)。申し込み締め切りは7月25日まで。定員を上回った場合は抽選となる。参加費は無料。