日産自動車は、2025年ごろを目標に、熱効率で50%に達する発電専用ガソリンエンジンを開発する方針だ。現在のガソリンエンジンでトップ水準の最高熱効率は大体40%。30%の水準から約60年かけて達した。日産は今後、過去60年分の進化をわずか10年以内に実現する考えだ。

ここからは有料会員の登録が必要です。