• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

お薦めトピック

「紹介状」が不要な世界、医師にも患者にもメリット

山内 英子氏 聖路加国際病院 副院長 ブレストセンター長・乳腺外科部長

2018/06/06 10:00
伊藤 瑳恵=日経デジタルヘルス

 ペーパーレス化に関しては、例えば、電子カルテをクラウド上で複数の医療機関の間で共有することができれば、診療情報提供書(紹介状)は不要になります。そればかりか、患者を紹介された医師が必要な情報をすぐに閲覧できるようになり、業務の効率化も図れます。

聖路加国際病院 副院長 ブレストセンター長・乳腺外科部長の山内英子氏(写真:加藤 康、以下同)
クリックすると拡大した画像が開きます

 現在、私が診ている患者を他の医師に紹介する際には、必要だと思う検査データや診療情報を送っています。しかし、その医師にとっては私が提供しなかった検査データが必要という場合があるかもしれません。

 もし、クラウドで電子カルテの情報が全て共有できれば、紹介する側の医師の手間がなくなることに加え、紹介される側の医師は必要な情報を余すことなく閲覧できるようになります。もちろん、患者の個人情報なので丁重に扱う必要がありますが、クラウドの活用によってメリットがあるということをもっと訴えていかないといけないと思っています。

 現在は、複数の医療機関の間で電子的な診療情報の共有が行われていないために、現場では困った事態が起きています。例えば、他の病院で乳がんと診断されて、聖路加国際病院を受診する患者には、検査画像などのデータをCD-ROMに入れて持ってきてもらいます。しかし、フォーマットが違うのか、ファイルを開けないことがあるのです。そういう場合は、もう一度聖路加国際病院で画像検査を受けてもらうことになり、患者に負担をかけてしまうことになります。医療費のムダ使いにもなってしまいます。

 病理検査の結果を共有することにも手間がかかっています。体に針を刺して病変部の組織を取り出す針生検は、痛みを伴うため、患者にもう一度お願いすることはためらわれます。そこで、以前かかっていた病院から検体をプレパラートにして送ってもらうようにしていますが、郵送の手間がかかり届くまでに時間がかかってしまう場合があります。こうした病理検査の情報もクラウドなどで簡単に共有できるようになれば、患者の手間もなくなると期待しています。

 ムダをなくすためにペーパーレス化を進めるに当たっては、社会の価値観も変えていくべきだと思います。例えば、紙の処方箋とスマートフォンの画面で電子処方箋を見せられた場合、(本来はそうでなくても)紙の方が信頼できると思ってしまうところがあります。こうした価値観は世代によっても異なるのかもしれませんが、社会全体として切り替えていかなくてはいけないのではないでしょうか。

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング