閉じる

激変!クルマ×AI業界地図

日経テクノロジーオンライン

目次

  • 「感情AI」の開発に注力、おもてなしを重視するトヨタ

    自動車業界編 トヨタ自動車(下)

     トヨタ自動車は自動運転の中核となる制御アルゴリズムの開発を競争領域とみなし、自ら中心になって取り組んでいる。加えて熱心なのが、クルマの乗員の“気持ち”を把握するAIの開発だ。日経テクノロジーオンライン

  • AI自前主義のトヨタ、5年で1000億円超投資

    自動車業界編 トヨタ自動車(上)

     トヨタ自動車は自動運転や人工知能(AI)の開発で他社との提携や協業が少ない一方、グループ企業との連携を深めている。グループ企業との連携は当然に思えるが、トヨタはかねてグループ内で積極的に競わせることで競争力を高めてきた企業だ。グループ内で競争がない場合、トヨタ自らが競合部品を開発・生産し、競うこと…日経テクノロジーオンライン

  • 老舗自動車メーカーと新興IT企業、自動運転の実現に向け急接近

    自動車業界編

     自動車メーカーとIT企業の合従連衡が世界で激しい。自動車メーカーが、自動運転技術の開発を単独で手掛けることが難しくなっているからだ。日経テクノロジーオンライン

  • 自動車メーカー中心の「クルマ×AI」業界地図

    自動車業界編

     自動車メーカーを中心とした「クルマ×AI」業界地図。自動車メーカーが、自動運転技術の開発を単独で手掛けることが難しくなっていることもあり、合従連衡が進んでいる。自動車メーカーに求められているのは、競争領域と協調領域をはっきり区別することである。日経テクノロジーオンライン有料会員に提供します。日経テクノロジーオンライン

  • クルマ×AI業界のキープレーヤー

     クルマ×AI業界のキープレーヤー。「自動車製造」「基盤技術」「サービス」「地図データ」と大分類し、各カテゴリごとにキープレーヤーを示した。米ウェイモ、米ヒアなど、まだ耳慣れない会社がいることに気付く。自動運転という技術革新は、自動車業界の地図を塗り替えようとしていることが一目で分かるはずだ。日経テ…日経テクノロジーオンライン

  • 自動運転時代、主役交代の足音

     AI(人工知能)、デジタル地図、音声認識、センサー――。様々な技術が急速に進化し、自動運転の実用化はもう目前まできている。モータリゼーション、すなわち自家用乗用車の普及は、世界の人々の生活を一変させた。それと同時に、自動車産業は巨大化。日経テクノロジーオンライン

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

エレキ

製造

エネルギー

ヘルスケア

もっと見る