• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

お薦めトピック

我々が“グレーゾーン”に挑むワケ

遺伝子検査サービス、“占い”の先にある未来(下)

2017/10/02 10:30
大下 淳一=日経デジタルヘルス

 一般向け遺伝子検査サービスをめぐって起きつつある、タテとヨコへの広がり。すなわちゲノム解析技術の進化と、異分野との連携を突き詰めた先には、どのような未来が待ち受けているのだろうか(上編の記事:「あの遺伝子検査のブーム、一過性で終わるのか?」、中編の記事:「ゲノム情報に埋もれた“宝探し”が始まった」)。

 それを指し示すベンチャー企業が2017年1月、米国シリコンバレーで産声をあげた。エムスリーやディー・エヌ・エー(DeNA)で遺伝子検査サービスを手掛けていた日本人メンバー達が立ち上げたAWAKENS(アウェイクンズ)社だ。2017年8月には500 Startups Japanやエムスリー、日本医療機器開発機構、個人投資家などからの資金調達を発表した(表1関連記事3)。

表1●ゲノム解析サービスを手掛ける事業者の最近の動き(背景色をつけたのが「下編」の対象)
クリックすると拡大した画像が開きます

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング