マツダはリアバンパー内側左右に設置した近距離レーダーにおいて発生する電波を遮蔽する機能を備えた取り付け用ブラケット材料を開発した。

[画像のクリックで拡大表示]

 車両の後方側に配置するレーダーの電波は、車両構造物の表面で反射しやすいため、電波を拡散させない仕組みが必要となる。従来は、レーダーを固定するブラケットと別素材の遮蔽カバーを設けて、車両下側に放射される電波を抑制していた。今回公表したのは、電波を遮蔽する機能を備えた樹脂材を用いてブラケットと遮蔽カバーを一体化したもの。

[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら