米Semtech社は、最大40Wと大きな電力を扱えるワイヤレス充電技術「LinkCharge 40」を開発し、米国ラスベガスで開催されている「CES (Consumer Electronics Show) 2017」で披露した。最大15Wの電力を扱えるWPC(Wireless Power Consortium)規格やQi規格に準拠した送電回路と受電回路を利用した。そしてファームウエアの更新と、同社独自の通信プロトコルの新規開発によって、扱える電力を最大40Wに高めたという。このため、開発期間を短くでき、素早く市場投入できるとともに、業界標準規格を準拠しやすくなる。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら