ドイツZF社は、ディープラーニング(深層学習)を使った認識機能を備える自動車の電子制御ユニット(ECU)「ProAI」の第2世代品を開発した。第1世代品の発表からわずか1年というスピードで新製品を用意したことになる。

図1 第2世代の「ProAI」社member of the Board of ManagementのMichael Hankel氏
[画像のクリックで拡大表示]

 「自動車業界は破壊的な変革の真っ只中だ。新しいプレーヤーが登場し、新しいプラットフォームが構築されようとしている」。同社member of the Board of ManagementのMichael Hankel氏は危機感を募らせる(図1)。

 自動運転を起点とする変革に対応するため、2017年1月に米NVIDIA社と提携し、第一世代のProAIを発表している(関連記事:ZFがAI対応ECUをNVIDIAと開発、「AIが競争を一変」)。NVIDIA社が2018年第1四半期の出荷開始を決めた新型車載コンピューター「DRIVE Xavier」にもいち早く反応した。

図2 ProAIを搭載した自動運転車「Dream Car」
[画像のクリックで拡大表示]

 ZF社はXavierを内蔵したProAIを開発し、エレクトロニクス関連の大型展示会「CES2018」(米国ラスベガス、2018年1月9日~1月12日)の会場で披露するとともに、同ECUを組み込んだ自動運転車両「Dream Car」も展示した(図2)。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら