米Qualcomm社は、「CES」(2018年1月9~12日、米ラスベガス)の開催に先立つ2018年1月8日、記者発表会を開催、同社の成長戦略を語った。登壇したのは、同年1月4日に社長に就任したばかりのCristiano R. Amon氏である(図1)。モバイル分野に加えて周辺の幅広い分野で事業機会をとらえ、今後も貪欲に成長していく姿勢をあらためて強調した。

図1 社長のAmon氏

 同社は、米Apple社とは特許関連で訴訟中、さらに米国などの行政当局とは独占禁止法関連で訴訟中であり、その影響もあって株価の下がった時期に米Broadcom社から買収提案を受けた。提案を拒否しているQualcomm社としては、自身による長期の成長戦略を示したい時期にある。今回のAmon氏の発表を一言で表せば「是が非でも成長してみせる」という内容だった。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら