富士重工業は、小型SUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)「XV」を全面改良した。「SGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)」を適用することで、走行性能や安全性能を高めた。「ジュネーブモーターショー2017」で車両を初公開した(図1〜6)。

図1 富士重工業の新型SUV「XV」
[画像のクリックで拡大表示]
図2 リアビュー
[画像のクリックで拡大表示]

図3 横から
[画像のクリックで拡大表示]
図4 後ろから
[画像のクリックで拡大表示]

図5 ルーフレールをオプション装備
[画像のクリックで拡大表示]
図6 内装
[画像のクリックで拡大表示]

 SGPの採用は、2016年10月に同社が発売したスポーツセダンの新型「インプレッサ」に続いて2車種目となる。XVとインプレッサの開発責任者を務めた富士重工の阿部一博氏(スバル商品企画本部プロジェクトゼネラルマネージャー)によると、「この二つの車両は同時並行で開発を進めてきた」という。

ここからは有料会員の登録が必要です。