トヨタ自動車は2018年1月15日(米国時間)、6年振りに全面改良した北米向け旗艦セダンの新型「Avalon」を、「デトロイトモーターショー2018(NAIAS2018:一般公開は2018年1月20~28日)」で公開した。2018年春に米国で発売する。

 新型車はトヨタの車両設計・開発手法「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」をパワートレーンとプラットフォームに適用し、生産コストを抑えながら車両性能を高めたのが特徴である(図1)。

図1 発表会のようす
[画像のクリックで拡大表示]

 パワートレーンでは現行車と同様に、排気量3.5LでV型6気筒のガソリンエンジンと、同2.5Lで直列4気筒のガソリンエンジンを使うフル・ハイブリッド・システムを搭載する。このうち3.5LエンジンはTNGAに基づいて開発したもので、新型「カムリ」に搭載しているエンジンと同じである。

 フル・ハイブリッド・システムは、ハイブリッド車(HEV)「プリウス」に搭載しているFF(前部エンジン・前輪駆動)車向けのシステム「THS II」を改良し、排気量2.5Lで直列4気筒の直噴ガソリリンエンジンと組み合わせた。同システムも新型カムリのものと同じだ(図2)。

図2 新型「Avalon」
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら