トヨタ自動車は、米国カリフォルニア州ロサンゼルスで2017年11月29日から開催の「2017 Los Angeles Auto Show」(LAショー、一般公開は同年12月1~10日)に、小型のコンセプトSUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)「FT-AC」を出展した(図1)。本格的にアウトドアを楽しむユーザーに向けたもので、同社の日米のチームが共同で取り組んだ。

図1 小型コンセプトSUV「FT-AC」
図1 小型コンセプトSUV「FT-AC」
[画像のクリックで拡大表示]

 特徴的なのは、同社のSUVの伝統を踏襲したデザインを取り入れながら、アウトドア向けに多彩な装備を搭載している点である。例えば、フォグランプは取り外し可能なものとし、懐中電灯やマウンテンバイク用のライトとしても活用できる(図2)。サイドミラーに取り外し可能な小型の赤外線カメラを装着している点も特徴で、走行の様子を動画に記録可能(図3)。しかも、その動画を車載Wi-Fiでクラウドに自動でアップロードすることも視野入れる。

図2 取り外し可能なフォグランプ
図2 取り外し可能なフォグランプ
[画像のクリックで拡大表示]
図3 サイドミラーに装着した取り外し可能な小型の赤外線カメラ
図3 サイドミラーに装着した取り外し可能な小型の赤外線カメラ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら