三菱電機が「2015年国際ロボット展」でロボットを用いた自社製品の生産ラインを実際に会場内に構築しデモを行った(図1)。生産していたのは同社の電磁開閉器「MS-Tシリーズ」。同社のFA技術とIT技術を連携させて、開発から生産、保守までを効率化するFA統合ソリューション「e-F@ctory」の具体例と言える。

ここからは会員の登録が必要です。