PLCnext Technologyに対応したPLC「AXC F 2152」
PLCnext Technologyに対応したPLC「AXC F 2152」(出所:Phoenix Contact社)
[画像のクリックで拡大表示]

 ドイツPhoenix Contact社は2017年11月28日、同社が「次世代オープンコントロールプラットフォーム」と位置付ける「PLCnext Technology」の関連製品を発売した。まずは同技術に対応したPLCと総合開発環境を提供し、その後は周辺機器や拡張機能などを順次加えていく。

 今回リリースしたのは、PLC「AXC F 2152」と総合開発環境「PC Worx Engineer 7」である。後者は無料でダウンロードできる。さらに、AXC F 2152ベースのスターターキットも近日中に提供を始めるという。

Phoenix Contact社のRoland Bent氏
Phoenix Contact社のRoland Bent氏

 「6カ月に及ぶ『アーリーアダプターフェーズ』を経て、ついに市場に投入する時が来た」。産業用コントロールシステムの展示会「SPS IPC Drives 2017」(2017年11月28~30日、ドイツ・ニュルンベルク)において、同社CTO(最高技術責任者)のRoland Bent氏はPLCnext Technologyの製品化を高らかに宣言した。同氏は2016年の同展示会で「1年後にリリースする」と語っており(関連記事)、その"公約”を守ったことになる。

 PLCnext Technologyは、組み込みLinuxによるリアルタイムOSをベースとしており、さまざまな言語で作成されたプログラムを一様に扱える。具体的には、IEC 61131-3で定義された5種類のPLCプログラミング言語(ラダーダイアグラムやファンクションブロックなど)、C/C++、Python、MATLAB/Simulinkのブロック線図などだ。PLCnext Technologyでは、異なる言語で作成された複数のプログラムが“共存”できる。すなわち、1つのタスクを処理するためのプログラムを作成する際、ある部分はラダーダイアグラムで記述し、別の部分はCで記述するというようなことが可能である。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
多様な言語による開発を可能にした。(出所:Phoenix Contact社)

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら