「半導体のオリンピック」と称される集積回路技術に関する国際会議「International Solid-State Circuits Conference(ISSCC)2018」。最新の研究成果が発表されると共に、さまざまなイベントが開催される。その中で、今回のISSCC から始まったのが、「Industry Showcase(インダストリーショーケース)」である。これは、ISSCCの担当委員から推薦・承認された企業が自社の製品や技術をアピールする場で、企業からのISSCCへの参加や発表を促す狙いがある。開催2日目である2月12日の夕方に開かれた「デモセッション」に続いて、夜に開催された。20時というやや遅い開始時間にもかかわらず、多くの来場者で賑わっていた(図1)(関連記事)。

図1 インダストリーショーケースの会場の様子
[画像のクリックで拡大表示]

 出展していた企業には、米Google社や米Qualcomm社といった大手企業だけでなく、スタートアップと呼ばれる新興企業も含まれる。自社の製品や技術のアピールに力を入れていた。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら