最近のISSCCにおけるパワーマネジメント回路(電源回路)分野の技術トレンドは、IoT用途のエネルギーハーベスティングに向けた低電圧(<0.1V)・低電力(nW、pWクラス)のパワーマネジメントだった。しかしISSCC 2018において、これとは正反対の新しい技術トレンドが見えてきた。パワーエレクトロニクス向けの高電圧(>100V)・大電力(>100W)のパワーマネジメントである。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら