「ISSCC(International Solid-State Circuits Conference) 2018」(2月11日~15日、米サンフランシスコ)のSession 17「Technologies for Health and Society」では、「Food and Agriculture Cloud Services with Sensor Network」と題した招待講演を皮切りに、社会性アプリケーション、医療、ヘルスケア関連等など、半導体の既存用途以外への応用についての発表があった。

 Session 17の最初の講演は、富士通九州システムズと米Fujitsu America社の共同発表である。富士通の「Akisai(秋彩)」を代表とするセンサーネットワークを用いた食料・農業クラウドサービスを紹介した(講演番号 17.1)。同社は、ウエアラブル機器による作業者の行動や家畜の歩数、また湿度・酸素・温度・太陽照射量などの環境、栄養やサイズなどの食物状態等の情報を、数々のセンサーで収集し、分析、コンサルティングをすることで、大幅な収穫量向上や、労働効率向上、収穫物糖度の向上等を実現しているという。

 また、元は半導体を製造していた工場内で、同クラウドサービスを使って完全に管理、栽培されたレタスは、2週間以上も日持ちするとのことだった。同社は、既に400件以上の事例を手がけるなど、IoTは農業の分野にも確実に広がっており、新しい半導体用途の可能性に大きな注目が集まった。今後も人口増加による食糧・農業力不足等が懸念され中、同クラウドサービスのようなテクノロジーなど、効率良く、質の高い農業・食料を生産するスマート技術への需要が高まると思われる。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら