英Arm社は、例年通り、米カリファルニア州サンタクララのSanta Clara Convention Centerで同社最大のプライベートイベント「Arm TechCon」を2017年10月24日~26日に開催した。昨年の同イベントでは新製品や新技術が多数発表されたものの(関連記事1)、今年は新製品の発表はゼロだった。

1日目の基調講演に最初に登壇したMike Muller氏(Chief Technology Officer and Co-Founder)も、PSAをしっかりアピール。日経テクノロジーオンラインが撮影。
[画像のクリックで拡大表示]

 同社はイベント前日に「Platform Security Architecture:PSA」と呼ぶ、IoTシステムを狙ったセキュリティーの技術基盤を発表した(関連記事2)。記者はそのニュースリリースを見た時、イベント期間中に発表するものが多すぎて、1つくらいは前もって発表しておいたのだろうと、考えていた。ところが、1日目の基調講演、2日目の基調講演、3日目の基調講演が過ぎても新製品の発表がなく、PSAが今回のイベントの最大のトピックだったことを知った(関連記事3)。「いったい何が起こっているのか」と考えながら、展示会場に向かった。1日目と2日目は講演会場で講演を聞いていたので、2日目から開いていた展示場に足を踏み入れたのは、3日目(最終日)の午後だった。

既存の事業(IPコア事業)に近い企業がブースを並べた方の展示会場。日経テクノロジーオンラインが撮影。
[画像のクリックで拡大表示]

 Arm TechConはArmのCPUコアをベースにしたSoCの開発者向けイベントと聞いている(記者は今年初めてArm TechConに参加)。記者が毎年参加している、IC設計の国際イベント「Design Automation Conference:DAC」( DAC 2017年の関連記事リスト)のArm専門バージョンといったところだろう。実際、講演会場で聞いた講演の内容はDACのArm専門バージョンの雰囲気だった。そして、足を踏み入れたArm TechConの展示会場の半分も、DACの展示会場に似ていた。EDAベンダーやArmと競合しないIPコアプロバイダーのブースなどが並ぶ。さらに、ArmコアベースのSoCを開発・提供する半導体メーカーのブースもあった。DACの展示会場と異なるのは、Arm自身の大きなブースが中央にあることくらいだ。

新規の事業(IoTサービス事業)に近い企業がブースを並べた方の展示会場。日経テクノロジーオンラインが撮影。
[画像のクリックで拡大表示]

 ところが、Arm TechConの展示会場の残り半分は、DACのArm専門バージョンの雰囲気ではない。ブースを構えているのは、ソフトウエア企業やいわゆるITベンダーが大半だ。そして、こちら側の展示場の中央にあるのは、「Arm Mbed」のブース。Mbedと言えば、Arm自身のOSである「Mbed OS」が最も知られている。昨年のTechConでMbedの要素が増えた「Mbed Cloud」である。Mbed Cloudは、クラウドベースのSaaSで、IoT機器の管理を容易にすることを狙っている。Mbed Cloudの登場によって、MbedブランドがチップからIoTシステムへと広がった。実際、Arm Mbedのブースのロゴ「arm MBED」の下に書いてあるフレーズは「Simplifying secure IoT solutions」である。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら