英Arm社は、IoTで利用するLPWAN(Low Power Wide Area Network)通信の将来動向や、それに対する同社の取り組みについて、プライベートイベント「ARM TechCon 2017」(2017年10月24日~26日、米カリフォルニア州サンタクララ)で講演した。通信方式としてはNB-IoTが主流になり、NB-IoTをサポートするIPコアをArmは2019年の早い時期に市場投入するとした。

Chet Babla氏。講演後に舞台袖で質問に答えている。日経テクノロジーオンラインが撮影。

 講師を務めたのは、Chet Babla氏(VP LPWAN)である。同氏が見せた市場予測によれば、2025年のLPWAN市場では、通信方式としてはNB-IoTが48%と過半を占める。NB-IoTが優位な理由として、同氏は、(1)ライセンス周波数帯で帯域幅が200kHzと狭く周波数利用効率が高いこと、(2)既存のキャリアネットワークをベースに開発できるためにコストが低いこと、(3)キャリアグレードのQoSやセキュリティーが得られること、(4)3GPP標準に沿うためグローバルでのインターオペラビリティーがとりやすいこと、の4つを挙げた。現在、GSMAのNB-IoT Forumには40を超えるキャリアパートナー、28を超えるベンダーが参画しているという。

LPWAN市場の予測。Armのスライド。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら