富士ゼロックス執行役員モノ作り本部長の生駒昌章氏
富士ゼロックス執行役員モノ作り本部長の生駒昌章氏

 「生産現場のデータを取るのはそれほど難しくない。問題は、それをどう可視化して、何に使うのかということだ」――。富士ゼロックス執行役員モノ作り本部長の生駒昌章氏は「FACTORY 2017 Fall」(2017年10月11~13日、東京ビッグサイト)で講演し、同社が推進しているスマート工場の取り組みについて語った。ビジネスモデルの転換など大きな変化に直面する中で、工場のスマート化が重要な課題になっているという。

 富士ゼロックスが直面する変化は、主に2つある。1つは、製品を販売する「モノ売り」のビジネスモデルから、製品とソリューションの組み合わせを提供する「モノ+コト売り」への転換である。もう1つは、販路の多様化である。従来、同社の主力製品である複合機のユーザーは一定規模以上のオフィスだった。現在は、それに加えてSOHO(Small Office / Home Office)やコンビニエンスストアなどでも使われるようになっている。

 これに伴い、工場側でも一層の生産革新に取り組むことになった。なぜなら、前述のようなビジネスモデルや販路の変化によって、多品種少量生産への対応が不可欠となったほか、製品が多様な環境で稼働するようになり、品質についても「1桁上のレベルが求められる」(生駒氏)からだ。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら