三菱ケミカルエンジニアリング(本社東京)は、生産現場の改善を促す工場向けIoT(Internet of Things)ソリューションメニュー「作業者行動センシング」を開発、「FACTORY 2017 Fall」(2017年10月11~13日、会場は東京ビッグサイト)で発表した(図1)。作業者の動きに関するデータを収集し、解析することで改善に生かす。これにより、生産効率の向上に役立てる。

ここからは有料会員の登録が必要です。