近年、画像認識を中心に目覚ましい進歩を遂げている深層学習(ディープラーニング)。製造業においても、ロボットによるピッキングなどさまざまな用途で活用が始まっている。深層学習によって製造業では何ができるようになるのか、この分野に詳しい中部大学工学部ロボット理工学科教授の藤吉弘亘氏が「FACTORY 2017 Fall」(2017年10月11~13日、東京ビッグサイト)で講演した。

ここからは有料会員の登録が必要です。