富士重工業が、「第44回東京モーターショー2015」(2015年10月29日~11月8日)に出品したSUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)タイプのハイブリッド車(HEV)のコンセプトカー「SUBARU VIZIV FUTUREコンセプト」(図1、関連記事)。前輪をエンジンとモーター、後輪をモーターで駆動することを想定したものだが、「エンジンには次世代ダウンサイジングガソリンターボエンジンを搭載する考え」(同社技術開発部主任の小川浩氏)とする。しかも、これまでの「FB型エンジン」と違い、「排気量1.6Lのものをダウンサイズ専用に設計する」(同氏)ことを想定している模様だ。

富士重工業のSUVタイプのHEVのコンセプトカー「SUBARU VIZIV FUTUREコンセプト」
図1 富士重工業のSUVタイプのHEVのコンセプトカー「SUBARU VIZIV FUTUREコンセプト」
[画像のクリックで拡大表示]

 同氏によれば、FB型エンジンでは、1.5Lから2.5Lまで幅広い排気量のものを用意してきた。同じボア径を使いストロークを変えることで排気量を調整してきたわけだが、それによって燃焼室内の気流の流れが影響を受ける。そうした気流の流れを最適化するには、排気量に応じた設計が必要であり、そのために新エンジンでは専用設計を用いるとする。エンジンの気筒レイアウトは同社が得意とする水平対向、気筒数は4を想定している。

ここからは会員の登録が必要です。