図1 Uniti社CEOのLewis Horne氏
[画像のクリックで拡大表示]

 スウェーデンUniti社は、2人乗りおよび4人乗りの小型EV(電気自動車)を開発中で、2017年12月7日に同国Landskronaの新工場で製品発表会を開催することを明らかにした。Uniti社はLund大学の研究プロジェクトから生まれたスウェーデンのスタートアップ企業。2019年にEVの発売を目指しており、欧州、イスラエル、オーストラリア、アジアの一部地域で販売する計画。

 東京モーターショーの併催セミナーである2017年10月27日に開かれた「Future Mobility Summit Tokyo : 2017」で同社CEO(最高経営責任者)のLewis Horne氏が明らかにした。同氏は都市での近距離移動を前提に、2シーターと4シーターの軽量なEVを開発している。

 車両の質量は約450kgで、搭載するモーターの最高出力は75kW。電池の容量は明らかにしていないが、航続距離は300kmという。欧州の「L7e」という車両規格に適合し、最上級モデルの価格は2万ユーロ(約264万円)になる見込み。ボディーはCFRP(炭素繊維強化樹脂)製である。

図2 Uniti社の小型EV「u17」
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら