京都機械工具(KTC)は、新しい設計手法や新素材を用いて工具の軽量化を図る技術について「第45回 東京モーターショー2017」(東京ビッグサイト、一般公開:10月28日~11月5日)で出展した。設計手法にはトポロジー(位相)最適化、新素材にはセルロースナノファイバー(CNF)を利用。「お客様がクルマを工場に持って来てくれるのであれば工具はあまり動かさずに済むが、今後はお客様のところに出かけていくことも増える。そのときに工具も軽いことが必要になる」(同社)と、将来の方向性を提案する意図で展示した。

ここからは有料会員の登録が必要です。