エンジン出力軸にモーターを直結するタイプのISGシステム
エンジン出力軸にモーターを直結するタイプのISGシステム
[画像のクリックで拡大表示]
 三菱電機は、48Vのマイルドハイブリッド車(HEV)に向けた、エンジン出力軸にモーターを直結するタイプのISG(Integrated Starter-Generator)システムを開発した。ISGは、スターターとして加速時のトルクアシストや、ジェネレーターとして車両減速時の回生などを行うものである。エンジン出力軸直結型は、従来のベルト駆動型に比べて出力と発電量の向上に向くという。

 今回のISGシステムは、モーターとインバーターで構成する。小型化するために、モーターとしてローターの内部に磁石を埋め込んだIPM(Interior Permanent Magnet Motor)を利用した。中でも、小型化に有利とされる集中巻きの巻き線を利用したIPMである。48VのHEV向けには、ベルト駆動型のモータージェネレーター(スターター兼ジェネレーター)も出展した。

48VのHEV向けのベルト駆動型のモータージェネレーター
48VのHEV向けのベルト駆動型のモータージェネレーター
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら